職業で着るスーツは違う?仕事に合うスーツの選び方


信頼感が重要な仕事で着るべきスーツとは

どんな仕事に就いているかで、どんなスーツを選べばよいか自ずと決まってきます。金融、不動産、公務員など、誠実さが必要な職場では、光沢がないマット素材の生地を選び、どんな人が見ても信用感を得ることが重要です。年齢が上に見られるようなかっちりとしたスタイルがおすすめ。色は、ネイビーやグレーなど暗いトーンの色を選びます。広告代理店や商社など洗練された印象を与える必要がある職場では、光沢を加えたマット素材でオシャレ感を演出しましょう。イタリア製のスーツは、シルエットがほっそりしていたり、ストライプやカラーに特徴があるので、量販店で買うスーツとは差が出ます。ヨーロッパのビジネスマンのスーツを参考にするとよいでしょう。

カジュアルが許される仕事で着るべきスーツ

IT関係、デザインなど職場は服装が自由な職場も多いです。客先に出向かなければならない時には、スーツを着用するのが礼儀です。カジュアルスーツなどは、仕事だけでなくプライベートでも着用する機会があるため、スーツが苦手という人にもおすすめ。カジュアルスーツはジャケットとパンツが同素材で作られているもので、ノーネクタイや、下にカットソーを着てもおかしくならないラフな印象のものが多いです。カラーはネイビーやベージュ、ジーンズのような素材でできているものもあります。ビジネスのシーンではジーンズ素材は避けなければなりませんが、ベージュのジャケットにボタンダウンのシャツを着るだけで、客先に出るにはふさわしくなります。プライベートでも使えるような色を選んでください。

agaを千葉で治療したい方が利用できる医療機関は多数存在します。中にはオンラインでの診療を行っているクリニックもあります。